原宿にデジタルデトックスカフェ「HANARIDA(ハナリダ)」がオープン!ドライフルーツシーシャや食べられるお茶も

Z世代に向けた企画・インフルエンサーマーケティング事業を手がける「僕と私と株式会社」が運営する花を贈るきっかけづくりのブランド「HANARIDA(ハナリダ)」が、9月8日水曜日に原宿にデジタルデトックスカフェをオープン。

今回はオープンに先駆け行われた、オープニングレセプションにお邪魔した様子をレポートします!💐

デジタルデトックスカフェ「HANARIDA(ハナリダ)」とは?

スマホやPCを当たり前に使いこなすZ世代。生活は確かに便利になったし、友達とすぐに繋がれるのに、
それと同時になぜか虚しさも感じる。

総務省の調べによると、20代の若者は毎日平均4〜5時間を画面の前で過ごすそうです。

いつもみたいに、Instagramで友達のストーリーを遡るのも良いけれど、たまにはスマホを置いて、お茶を飲みながら目の前の友達と向き合う時間があっても良い。

そんな思いを込めて「デジタルネイティブの聖地原宿で、デジタルから解放されたひとときを」をテーマに作られたのがデジタルデトックスカフェ「HANARIDA」。

HANARIDA原宿店はお花や木々で彩られた大人の秘密基地のような場所。

ドライフルーツ入りのハーブティーや、お花と茶葉で作られたドライフルーツシーシャなどとともに、都会の喧騒から離れた非日常を体験できます。

HANARIDA原宿店を一足お先に体験♡

HANARIDAはJR原宿駅から徒歩7分のところにあります。竹下通り口から出ると、真っ直ぐ竹下通りを抜けて進めばいいので分かりやすいですよ◎

一階に令和食品館がある店舗の二階がHANARIDAです。令和食品館で注文したフードメニューをHANARIDAで飲食することも可能。

チキンがホロホロと柔らかいハーブカレーや八丁味噌香る山椒キーマカレーなどオリジナルメニューも充実しているので、食事をしてからゆっくりとした時間を過ごすことができますよ。

花と木を五感で楽しむ空間

階段を入るとまず目に入るのが、プロのフラワーアーティストさんによって彩られた店内の花や木々。

とても立派な木や花ですが、これらは全て本物なんだそう。暖色系のライトと合わさって、なんとも不思議な空間です。

食べられるお茶は見た目も味も◎

メニューには2021年のバレンタインではSNS上で話題となり即完売となった、ドライフルーツたっぷりのお茶「咲茶」を始め、一味違ったドリンクも用意されています。

この日いただいたのは、リンゴとレモネードのティートフレスカという食べられるお茶と、エンドウ・トマト・カボチャのドライフード。

食べられるお茶は口いっぱいに広がるフルーティーな香りと味がとても美味しく、茶葉も苦味がなく食べられました◎

ドライフードもお茶の味を邪魔しない、シンプルな味だったので相性バッチリでした。

お花と茶葉で作られたドライフルーツシーシャ「花煙(はなけむり)」

お花と茶葉のドライフルーツシーシャ「花煙(はなけむり)」はHANARIDAが独自に開発したもの。

ノンニコチン・ノンタールなので、普段タバコを吸わない方はもちろん、通常のシーシャでも少し抵抗がある方にも安心して楽しむことができます。

私はシーシャが好きなのでよく行くのですが、花煙は通常のシーシャと違って煙が軽いため、とても吸いやすかったです。

好きなフルーツを店員さんに伝えれば、お好みのものを作っていただけるのはもちろん、今の気分や、好きな映画など、アーティストの名前を伝えれば、イメージした味のものも作ってもらえます!✨

実際に吸っている私です。

吐いた煙が空気にほどけていく様子は見ていると落ち着くので、デジタルデトックスにはぴったりかもしれません。

1台3000円で2人までシェアして利用することができ、人数を追加したい場合は500円。

フレーバーの交換は1500円なので、2人でシェアしながら追加で味を変えて楽しむのもいいかもしれませんね。💐

友達へのプレゼントも購入可能

また店内で提供されている食べられるお茶「咲茶」やドライフラワーのブーケットなど、大切な人へのギフトにぴったりのアイテムも購入可能。

「咲茶」は12個入って3300円。2個ずつに分けて、ちょっとしたプレゼントとしてあげるのもいいかもしれませんね。

ドライフラワーのブーケットはプレゼントに限らず、自分用にお部屋を彩るインテリアとしてもオススメ。

1つ5500円で、店内にある数々のドライフラワーの中からお好みのものをチョイスすることができますよ♪

デジタルデトックスデーには面白いサービスも

また毎週日曜日はデジタルデトックスデーとなり、スマホ・PCの使用はNG。しかし、携帯を預けるとドリンクが一杯無料になるという嬉しいサービスもあります。なかなか珍しいですよね。

まるで自宅のようなカフェに見えない店内にはボードゲームなどが常備されており、スマホが無くても自然と会話が弾むような工夫がされているそう。

普段ならば無意識に繋がってしまうインターネットの世界から離れると、いつもより目の前の時間を堪能できるかもしれません。

原宿の新感覚カフェで非日常を体験

デジタルデトックスカフェではスマホから離れ、花や木に囲まれてた場所で深呼吸するように優しい煙を吸ったり、ゆっくりとお茶を飲んだりと都会の喧騒から離れた非日常を体験できます。

SNSやデータに残らない、自分たちだけが知っている想い出というのも素敵ですよね。

「少し疲れたな」と思った時、大切な誰かとゆっくりとした時間を過ごしたい時、いつもより肩の力を抜いて休みたい時、ふと立ち寄って欲しい場所でした💐

HANARIDA原宿店

営業時間: 11:30 – 24:00 定休⽇無し

※緊急事態宣⾔下の9/12(⽇)までは20:00閉店

所在地:東京都渋⾕区神宮前4-27-2

Section L Pop-up House 2F JR原宿駅より徒歩7分

https://goo.gl/maps/bXVEsW735gHT7kZD9

※20才未満の⽅の⼊店はお断りしています。

HP :https://hanarida-official.com/

Twitter:https://twitter.com/_hanarida_

Instagram:https://www.instagram.com/_hanarida_/

SNSをフォローする♡

Instagram

Twitter

LINE

この記事を書いた人

瑞姫

芸能インタビューやグルメ取材、旅行・美容・コスメ系の記事も執筆をしています。フォロワー数3.5万人のTwitterでは美容・メイク情報を発信しているので、良かったら見て下さい◎

あなたにおすすめ