【熊本を応援!】キリン 午後の紅茶「いちご×紅茶」が帰ってきた!HAPPINESSを広げるプロジェクトを詳しくご紹介♡レビューも。

キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS熊本県産いちごティー

【午後の紅茶】「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」第1弾

キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー
<2021年12月「午後の紅茶」熊本県寄付金贈呈式>

2021年度におこなった「午後ティーHAPPINESSプロジェクト」第1弾。
売上本数はなんと、9,924,264本!

寄付額は、38,704,630円になりました!✨

2021年12月に各寄付先に約967万円ずつ、贈呈したのだそう!👏
各団体での寄付金の活用内容をご紹介していきます♡

①被災地復興支援(熊本県庁)

熊本県庁には、義援金として贈呈されました。✨
令和2年7月豪雨の被災者の皆さまの支援に活用されています◎

② 食産業支援(JA 熊本経済連)

農産業活性化のため下記3つの活動に活用されました!👏

  1. 「ゆうべに」いちごの加工品を開発
    「ゆうべに」いちごのブランディングでは地元企業とコラボレーションし、「ゆうべに」いちごの加工品を開発に。🍓
    加工品を接点として、年間通じて「ゆうべに」いちごを、お客様に知っていただく機会を提供されています!
  2. 冬トマトの消費拡大
    消費が落ちる冬のトマト需要を喚起すべく、レシピサイトとコラボレーションして冬のトマトレシピを提案!
    トマトを販売する店頭でのレシピ周知なども実施されています。🍅
  3. 熊本県産茶葉のブランディング
    熊本県と連携し、「熊本お茶を飲もうプロジェクト」を立ち上げ、熊本県産茶葉の新たな商品の開発やサンプリングを実施されています。🍵

③地域活性化(南阿蘇村/南阿蘇鉄道)

<復旧中の南阿蘇鉄道「立野駅」看板>
  • 過去の「午後の紅茶」CMのロケ地として使用した南阿蘇鉄道の駅、
  • そして、周辺施設の整備、沿線にぎわい事業への活用として
  • また、南阿蘇村が行う鉄道復旧事業など、幅広く地域活性化のために活用されました!✨
  • 九州旅客鉄道との接続駅でもある南阿蘇鉄道「立野駅」の復旧工事にも活用されています。🎀

④子どもの笑顔づくり支援(南阿蘇村/教育委員会)

<「午後ティーHAPPINESS文庫」>

村内の小学校3か所、中学校1か所の図書室および村の図書室に、「午後ティーHAPPINESS文庫」を開設!📚

「午後ティーHAPPINESS文庫読書感想文コンクール」も開催されました。✨

【午後の紅茶】みんなでHAPPINESS♡

こだわりがぎゅっと詰まった「キリン 午後の紅茶 for HAPPINESS 熊本県産いちごティー」
おいしく、可愛いだけでなく、熊本を応援できちゃうなんて、とても素敵な取り組みですよね♡

ぜひ、みなさんも気軽にこのプロジェクトに参加してみてください◎

キリンビバレッジ株式会社

SNSをフォローする♡

Instagram

Twitter

LINE

この記事を書いた人

momona

みなさんにトレンドを沢山お届けしていきます☺︎

あなたにおすすめ